エフケーハウジング株式会社


会社URL:https://www.fkh.co.jp/ideaGIDE

札幌を拠点に注文住宅を提供しているエフケーハウジングです。新築・増改築・リフォームなど天然木を使った温もりある住まいについて是非ご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく、英語: residence)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。周囲の環境から居住者の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。 ここで言う“周囲の環境”とは、気候(雨、風、雪、暑さ、寒さ、湿気など)、騒音、異臭、他人の視線や聞き耳(→プライバシーの保護)、天敵(猛獣、猛禽、害虫など)など、立地条件によって異なるものであり、住宅に求められる対応もそれによって異なる。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。 遙かな古代には人類は採集のために移動生活を行ってきたが、やがて定住を行うようになるとともに、固定し容易に移動できない形での巣を営むようになった。これが住宅である。人類は定住するに当たり、まずはその近辺に豊富にある材料を寄せ集めて住宅を作った。こうして近隣で豊富に取れる材料を使って住宅を建設することは近代までは一般的な生活様式となり、このため世界各地でその風土に合わせた様々な材料の住宅が存在するようになった。近代までの住宅の材料には、石、木、煉瓦などが多く使用されることが多かった。また、移動の多い遊牧民などは動物の毛や皮などを使ったテントを宿営地に建てたが、これも住居の一種である。近代以降になると、コンクリートなどの新しい建築材料が登場するようになった。
※テキストはWikipedia より引用しています。

札幌で愛犬と一緒に快適に住みたいという人は、注文住宅にすると良いです。 愛犬は家族の一員と考えている人は多く、一緒に家の中に住んでいる家庭もあります。 一緒に住むときに快適に過ごせるようにするのは重要なことで、家の中でも愛犬が住みやすいように作るには、札幌にあるエフケーハウジングで注文住宅を建てましょう。 注文住宅はオーダーメイドができるので、その人の要望に合わせたデザインにできます。 最初に話し合いをしてから設計をして、その後い見積もりを出すので安心して任せられます。 愛犬がいるときに重要なのが玄関に洗うスペースを作ることで、犬が汚れた場合にも洗ってから家の中に入れます。 その他にも犬が過ごしやすいスペースも作ることが可能です。
Tagged on: , エフケーハウジング株式会社