キリムズジャパン


GIDE

1984年創業のキリム専門店。オーナー自らトルコで買い付けたこだわりのキリムを取り扱っております。ご希望の色、サイズ、お部屋の雰囲気に合わせてご提案もできます。

キリムの関連情報

キリム (Kirimu) は、コンゴ民主共和国の山岳地帯に暮らすニャンガ族に伝わる森の怪物。 その姿は七つの頭に七つの角、七つの目を持っており、牙は犬の物で、尻尾は鷲の物であるという。獣竜ともいえる。普段は森の中でじっとしているが、腹が減ると動き出し、近辺の村々を襲い人間を食べるという。 キリムは『ムウィンド叙事詩』では、トゥボンド(Tubondo)という村の英雄ムウィンドに野ブタ(または猪)を捕らえるようにと遣わされたピグミーのハンター3人を丸呑みにしている。その後ムウィンドはコンガの笏(conga-scepter)と、これまでも幾度と無く奇跡を起こしてきた彼の歌を用いてキリムを倒している。ムウィンドの村の人々がキリムの腹を開けると3人のピグミーのハンターが生きたまま飛び出した。それどころか7つの目を火であぶったところ、過去にキリムに食べられた人々が次々と生きたまま飛び出し、その人数は1000人に及んだ。ムウィンドはその人々のために山をひとつ与えた。しかしキリムは、今までにたびたびムウィンドを助けてきた雷の精霊ヌクバ(またはンクバ。Nukuba)と昵懇であったことが語られ、ムウィンドはキリムを殺した罰を受けることとなる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

キリムとはトルコ語で使われていた言葉であり、アナトリア高原から中央アジアまで広い地域で遊牧民として生活しているチュルク族の女性が織る平織りのことです。毛足のない平織物は敷物に限らず、テント布や日本の風呂敷のように生活道具としても使用されています。キリムの幾何学文様のモチーフは様々な意味を表すものであり自然を布に織り込んだ伝統的なデザインは芸術性の高さでも注目されています。キリムの大きさは数センチのものから数メートルのものまでありますが、90cm前後のものであれば家の中のインテリアとして玄関マットやソファーの下の足置きとしておくことでワンポイントのおしゃれになります。ドアの色や家具の色に合わせたものを選んで一体感を演出すると部屋に良く馴染みます。
Tagged on: , キリムズジャパン