株式会社日本エウレカ


GIDE

鮮度維持装置のDENBA+など世界初の空間静電波技術を搭載した、独自特許技術のDENBA(EUREKA) technologyで鮮度を保持し、ロス率軽減で美味しさそのままに保ちます。鮮度保持については日本エウレカへ。

食品の関連情報

食品(しょくひん、食べ物、独: Lebensmittel、羅: alimentum)は、人間が食事で摂取する物。最初の食品は母乳。地域や時代において広く用いられる食品として、ペミカンや缶詰が挙げられる。食品と同義であり明確な線引はないが、肉類や野菜類、果実類など主食品以外の食べ物品目、または調理前の食品を食料品(しょくりょうひん)とすることもある。 人間は生きるために、食品を食べて栄養素の摂取している。医療を目的としたものは薬とよび、食品と区別される事が多いが、薬とは定義されない健康食品と呼ばれるものもある。 生物は食品を味わうことは快楽になるので、嗜好品としての要素もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

この鮮度維持装置は氷点下でも凍結しない長期保存方法を採用しています。細胞の活性化によって鮮度を保ち、低温環境に置くことで菌の発生を抑制してロス率を限りなく減らすことが可能です。またこの鮮度維持装置は新時代の冷凍技術により、酸化還元することで食材の酸化を防ぎ鮮度を保つことができます。この技術によって用いて作られた氷の結晶は、結晶は角がなく球体となり、細胞を壊さず凍結が可能である事が立証されています。 そしてこの鮮度維持装置は後付け設置タイプとなっております。冷凍による食品のロスについてを改めてお考えになっている方に最適です。この装置は設置箇所に場所を選びませんので、大型の冷凍室から業務用の冷凍庫に至る様々な場所で幅広くご使用いただけます。 またこれらの装置を初めからビルトインした業務用大型冷蔵・冷凍庫も取り扱っております。詳しくはお問い合わせください。
Tagged on: , 株式会社日本エウレカ