京生麩のお店 愛麩


『会社URL:http://www.manafu.jp/menu/

GIDE

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京都で生麩のお店をお探しの方へ、お教えしたいお店があります。それは、生麩を使ったスイーツや田楽など色とりどりのものを揃えていて食べるだけでなく、目で見て楽しむ事が出来ます。味の磯部焼きや木の芽味噌、ガーリックペッパーやチリソース、また、カプレーゼや明太マヨやツナマヨなど、種類も豊富にあるので、お好みの味を楽しむ事が出来ます。また、1本からでも気軽に楽しむ事が出来ます。また、2本や3本とセットになったものもあります。それから、食事系でなく、甘いものが食べたい方のために、スイーツ系もあります。しかもおしゃれにチョコがかかったものやドライフルーツが乗ったもの、それからソフトクリームに合うものなどがあり色々と楽しむ事ができます。それから色んな味を楽しむ事が出来るパフェになったものや、温かいものでおしるこや甘酒等、和のものだけでなく、洋の味でも楽しむ事が出来ます。また、カラフルな生麩と一緒にドリンクとセットになったメニューもあります。そのため、お子様から年配の方まで、幅広い層の方が、おいしく味わう事が出来ます。それから、こちらのお店は生麩バーとして、それから生麩カフェとして楽しむ事が出来ます。また、こちらのお店は、営業時間も基本的には年中無休で、10時から18時まで営業をしています。そのため、京都の街を楽しむと同時に京都の味も味わうことが出来る場所にあります。また、生麩の事で問い合わせがある際もWEBで簡単に問い合わせする事が出来て便利です。名前やメールアドレス、電話番号などを入力し、それから問い合わす内容を入力したら送信するだけでOKなのでとても簡単です。車で行かれる方は、駐車場がないので近隣の市営駐車場や公園のパーキングを利用する事です。また、電車やバスでも行くことが可能です。最寄りの駅からは、徒歩で5分程度なので、どなたでも気軽に立ち寄る事が出来て便利です。生麩の事なら何でも教えてくれるお店です。
Tagged on: , 京生麩のお店 愛麩