インポートウェディングドレスのレンタル、販売ならフルールドリス


『会社URL:https://www.fleur-de-lys.jp/select_dress/

GIDE

インポートウェディングドレスをレンタルするならフルールドリス。プロノビアス、ジャスティンアレクサンダー他有名ブランドのウェディングドレスをリーズナブルな価格でレンタル・販売を行っております。タキシードもレンタルしております。ヘッドドレスなどおしゃれなウェディングアクセサリーもご用意しました。お気軽にお問い合わせくださいませ。

洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

現在世界には数々のウェディングドレスブランドが存在していますが、その中でも人気の高いブランドの一つとなっているのがプロノビアスです。世界のセレブからも愛されており、長年の実績から品質とデザインの高さは確かであり、見た目も美しく着心地も良いことから日本の花嫁からも支持されています。フリールドリスでは、プロノビアスのドレスを豊富に扱っておりドレスは百型以上扱っているので、希望にぴったりのドレスが必ず見つかります。数が多いことにより選択肢が豊富というのは良いことですが、いざ選ぶとなればどれが良いのかで悩んでしまうのは当然のことと言えます。フリールドリスでは経験豊富なプロによるアドバイスや、サポートも充実しているので好みと予算に合わせて最適なドレスの提案もしてもらうことができます。生産中のウェディングドレスに関しては、誰でも取り寄せることができるので希望がより実現しやすくなっていることは確かであり、新品の購入だけではなく中古販売品を購入したり、レンタルすることもできるので、購入か借りるべきかという初期の段階で悩んでいるという場合でも、気軽に相談することができるようになっているのも良い点です。サイズオーダーにより、体にフィットしたぴったりなドレスを手にすることができ、お色直しにもぴったりのカラードレスの種類も豊富です。試着に関しては予約して足を運ぶことができ、無料で何着でも試着することができるのでじっくり考えてから選べます。試着時には簡単なヘアセットもしてもらうことができるので、結婚式本番の状態により近づけることができます。ウェディングドレスだけではなく、ヘアアクセサリーなどの小物類もトレンドのものが続々入荷されるので、ドレスとトレンドに合わせてよりおしゃれで花嫁を美しく魅せることができるようになっています。コストパフォーマンスにも優れており、ドレス選びで悩んでいるときには気軽に相談することができます。
Tagged on: , インポートウェディングドレスのレンタル、販売ならフルールドリス