おおした鍼灸院


『会社URL:https://oosita.jp/breechbaby/

GIDE

先日逆子治療についての講師を務めましたが、逆子を直すためには鍼灸治療と自宅でのセルフケアがとても大切です。逆子についての論文や講演も多い院長がが最初から最後まで診察します。他院にかかってる方や34週以降来院される方や遠方の方も多数来院。東京南青山「おおした鍼灸院」TEL:03-3401-8918

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

逆子の状態になってしまった人は、だからといって帝王切開まで諦めるのはナンセンスなので、早めに逆子治療を受けるようにしておきたいところです。おおした鍼灸院であれば、的確なアドバイスのもと、間違いのない逆子治療を行ってくれます。鍼灸治療を受けることで、実際に逆子を改善し、安産にまで持っていった人がたくさんいるので、そういった人たちの話を聞きつつ、選んでみると良いでしょう。東京都内のおおした鍼灸院は経験も豊富で、港区青山に構えており、通いやすい立地条件であるのも、大きな魅力の1つだといえます。わからない部分に関しては、メールや電話で問い合わせを承っているので、とりあえず話を聞いておくべきです。逆子の鍼灸治療に関しては、基本的に28週以降は、早めに治療を受けることが大きなポイントになってくるでしょう。ただ、35週過ぎた後でも、逆子の治療に成功した人は多く存在しています。だからこそ、最後の最後まであきらめないように心がけるべきです。遅れる前に、早めにおおした鍼灸院に問い合わせをしてみると良いでしょう。基本的にこの鍼灸院は人気もあるので、早めに予約を入れなければ待たされてしまう可能性があります。だからこそ、早期に決意を下すことが大事です。逆子が治った後は、帝王切開になる確率は5人に1人程度と言われていますが、そうならないようにどうすれば良いのか、そのアドバイスをしっかりと受けるようにしましょう。実際のところ、おおした鍼灸院の経験は相当豊富で、今まで1900人以上の症例の経験があり、なおかつ年間で数えれば150人以上の逆子治療を行っています。このように経験が豊富だからこそ、的確なアドバイスを提供してもらえる場所を朝、とらえることができるはずです。最初から最後まで院長が自ら、親切丁寧に診察してくれるため、安心して体を預けることができるでしょう。料金に関しては、初診料が2000円、治療費6000円となっています。妊婦さんの場合初回は10000円となっているので、その内訳などをカウンセリングの時に聞いておくことが大事です。
Tagged on: , おおした鍼灸院