うちなー民泊ラボ


『会社URL:http://xn--p8juc1a13b7bxf7529bkhb.com/

GIDE

「読谷、恩納村専用」 民泊運営代行オフィスopen !運営代行業者様 不動産業の皆様 業務提携、業務委託何でもご相談下さい♪

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

沖縄県には数多くの人が訪れるため、もし物件を所有していると民泊にすると収入化ができる可能性があります。しかし自分で民泊運営を始めるのは大変です。そんな時に利用できるサービスを、読谷村のうちなー民泊ラボが提供しています。2DKのアパートから4DKの一戸建てまで幅広い物件のサポートが可能で、運営できる時間が少ない場合や賃貸を民泊に移行させるなど、様々な希望に応えることが可能です。スタッフの9割が女性なので、細かな部分まで行き届いた内容が期待できるでしょう。基本は運営代行プランで、初期費用10万円と代行費用20%のパターンと、初期費用が0円の代わりに代行費用が25%の2通りがあります。それぞれ内容も異なり、初期費用がない方だとゲストのチェックインや鍵の受け渡し、利用に関するマニュアル作成や荷物預かりなど利用面のサポートがメインです。それに対して初期費用が必要なプランは、ゲストのフォローも含まれていますが、予約の調整や集客サイトの運営など、主に管理面でのサポート重視になります。また民泊は新法で180日間しか営業できないことになっていますが、それに対応した事業委託プランもあります。またオプションとしてインテリアデザインを任せることもでき、物件によって具体的な料金は変わってきますが、既存をベースにするのであれば10万円から30万円で、新規立ち上げだと20万円から50万円が目安です。その他にも別料金で家具や装飾品を追加することも可能です。稼動率を意識しながら造られます。いずれも地元密着を心掛けていて、スタッフは読谷村に在住し、インテリアは地域の専門家に任せることになります。そしてどのような収益計画になるのかを予測するシミュレーションや、民泊に関する基本的な相談は無料で受けられます。所有者側のライフスタイルに合わせた提案も受けられるので、まずは専用のフォームから連絡してみると良いでしょう。
Tagged on: , うちなー民泊ラボ